MDMでスマホの端末管理を推進!おすすめのサービスもご紹介

最終更新日: 2024.05.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が社内にスマートフォンなどのモバイル端末を導入運用するに当たって、便利に活用されているシステムにMDMというものがあります。
今回は、MDMの必要性からスマホの端末管理機能の概要、おすすめのMDMサービスまでご紹介します。MDMの導入をご検討の場合には、ぜひご覧ください。

MDMはなぜ必要?

MDMは多くの企業に導入されていますが、必要性はどのような点にあるのでしょうか。MDMの基本から確認しておきましょう。

MDMとは?

MDMとは「Mobile Device Management」の略であり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを一元管理するシステムのことを指します。

搭載されている機能としては、社内に導入されているモバイルデバイスを一元管理し、インストールされているソフトウェアやアプリケーション、利用できる機能などを一括で制御する機能、遠隔地から端末ロックや初期化、データ消去などが行えるセキュリティ対策機能などが挙げられます。

さまざまな機能を通じてモバイルデバイスを効率的かつ安全に管理できるところが特徴です。

MDMはなぜ必要?

MDMは、企業にとってなぜ必要なのでしょうか。

大きな理由としては、近年のリモートワークなどの普及に伴う端末台数の増加やセキュリティリスクの増大が挙げられます。業務用スマホの私物化や私的利用によるセキュリティリスクや紛失・盗難リスクなどが増大していることから、より効率的な管理とセキュリティ強化が求められています。

MDMは、一元的に多数のモバイルデバイスを管理でき、端末制御が遠隔で行えることから、昨今の課題を解決します。このような背景から、企業において必要性が高まっています。

MDMのスマホの端末管理機能とは?

MDMの機能の中でも、スマホの端末管理機能は、企業にとって必要不可欠な機能といえます。どのようなことができるのか確認しておきましょう。

ネットワーク制限

ネットワーク制限は、主にWi-Fi接続制限機能であり、会社が認めたWi-Fiにしか接続できないように制御する機能です。特にセキュリティに懸念があるフリーWi-Fiへの接続などを予防できます。

アプリの配信管理

スマホに一括でアプリを配信できる機能です。業務に必要なアプリを社員や管理者の手をわずらわせることなく、一括でインストールや設定が行えるため、作業負荷の軽減につながります。

アプリの制限

業務に関係がないなど不要なアプリのインストールを許可もしくは禁止できる機能です。セキュリティリスクのあるアプリのインストールを予防する意味もあります。

Webブラウザの利用制限

特定のWebサイトへのアクセスを未然に予防する機能です。業務に無関係なWebサイトの閲覧を予防すると共に、セキュリティに懸念のあるWebサイトの閲覧によるマルウェア感染などを未然に予防します。

位置情報管理

スマホに備わるGPS機能でスマホの位置情報を把握できる機能です。紛失・盗難時や災害時や緊急時などに役立ちます。

状態監視

各スマホのOSやインストールされているアプリ、利用されているアプリなどスマホの状態を監視できる機能です。管理画面上で常時確認し、使用状況を監視できます。

おすすめのMDMサービス3選

世の中には多くの種類のMDMサービスがありますが、ここでは例として3つのサービスをご紹介します。

mobiconnect(モビコネクト)

基本的なMDMの機能を一通り備えているほか、管理画面が使いやすい点や、企業の規模や業務の複雑さによって、適したものを選べる3つのプランが用意されている点などに強みがあります。

業務アプリのVPN(仮想プライベートネットワーク)一括設定機能のほか、端末の利用データから業務への活用情報を監視する機能などを業務改善に活かすことも可能です。

CLOMO MDM(クロモ・エムディーエム)

MDM市場12年連続シェアNo.1(※)で、多くの企業に導入されているMDMです。

MDMの基本機能を備える上に、誰もが簡単に操作でき、特にUI(ユーザーインターフェース)の良さには定評があります。また標準搭載されている「ワーク・スマート機能」は、業務時間外での利用制限や時間外労働の見える化なども可能です。

※出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所「コラボレーション/コンテンツ・モバイル管理パッケージソフトの市場展望」2011〜2020年度、「ミックITリポート2022年12月号」2021年度出荷金額実績および2022年度出荷金額予測

ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント

基本的なMDMの機能を備えており、強みとしては多様なセキュリティ設定が可能な点にあります。パスワード強制化や私用・不正デバイスからのアクセス制御のほか、AndroidやWindows PC向けにはアンチウイルス機能を搭載しており、セキュリティ強化が可能です。

MDM運用代行も含むLCMサービスの利用がおすすめの理由

MDMを導入運用する際には、運用負荷が高すぎると感じる企業も少なくありません。実際、次のような課題がよく挙がります。

よくあるMDM運用課題

人手不足でそもそもMDMの運用自体、対応できる人員が不足しているケースもあります。MDMそのものは便利であっても、導入や長期的な運用を考えた場合には、専門的な技術を持つ人員を配置することが必要です。

またMDM導入に際してはセキュリティポリシーの策定や社内周知など付随する業務も発生します。これらのことから、運用が容易ではないこともあります。

MDM運用代行サービス活用の勧め

プロにMDM運用を代行してもらうサービスを利用すれば、前述のような課題は解決できます。24時間365日、リモートロックやリモートワイプ(データ消去)などのMDM運用に対応するサービスもあり、活用することで社内のスマホを効率的に管理できます。

LCMサービスの利用でさらに効率的に

MDM運用代行サービスの利用を検討する場合には、同サービス内容も含み、さらにサービス範囲が広いLCMサービスの利用もおすすめです。

LCMとは「Life Cycle Management(ライフサイクルマネジメント)」の略称で、PCやモバイルデバイスなどのIT資産の選定から調達、導入時のキッティング、運用保守、セキュリティ対策、廃棄・処分まで管理する取り組みです。LCMを代行するサービスには、MDM運用代行も含んでいることもあります。

MDM運用代行だけでなくLCMを任せることで、導入時の負荷削減や、運用における故障・修理対応、廃棄対応まで、長期にわたって端末を管理する仕組みが実現します。

社内におけるMDM運用に懸念がある場合には、LCMサービスの利用を検討し、スマホ管理をより広く任せることを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

MDMは、社内のスマホを効率的に管理するのに重要なツールです。社内で対応するのに負荷が高い場合や効率的な運用を検討する際には、ライフサイクル全体を通じて管理するLCMサービスの利用をおすすめします。

MXモバイリングでは、MDM運用代行も含めたLCMサービスをご提供しております。

スマホやタブレットなどのモバイルデバイスの企画・運用設計からキッティング、保守、廃棄まで一貫して対応することにより、利活用や運用管理をトータルでサポートするサービスです。

ライフサイクル全体を通じて、詳細なヒアリングをもとに、各企業の状況や要望に合わせたカスタマイズを行い、緻密な運用設計を行います。さらに、効果的なPDCAサイクルをご提供している点も大きな強みとなります。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連サービス

関連資料ダウンロード

PAGE TOP

無料トライアル・お問い合わせ

無料トライアルへのお申し込み・導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合せください。