LCMサービスとは?注目される背景やメリットを解説

最終更新日: 2023.11.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年は、「LCM」という言葉をよく耳や目にするようになりました。この言葉は、主に企業内で使用されるPCやモバイルデバイスにについて使われています。
今回は、そのLCMを提供するサービスの概要から注目されている背景、MDMとの違い、LCMサービスのメリットや具体例まで解説します。

LCMサービスとは?

LCMサービスの意味や、近年、注目されている背景を確認しておきましょう。

LCMサービスとは

LCMとは「Life Cycle Management」の略です。主にPCやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイスのライフサイクル全体を管理するという意味があります。

LCMサービスとは、企業のPCやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイスのライフサイクルを企業に代わって管理するサービスです。

ライフサイクル全体の管理とは「調達→設定→運用保守→廃棄」の4つの工程に渡って管理するのが一般的です。

例えばスマートフォンを従業員100名に支給するといった際に、そのスマートフォンをどの通信キャリアや機種を選ぶべきか、どの調達先から調達するのが選ぶべきか、どのようなアプリケーションを業務利用してどのような使い方をするのかなどの導入計画や運用設計などを行います。

さらに、実際にスマートフォンの調達を行い、キッティングという、業務等に必要なセキュリティ設定やアプリケーションのインストールなどの使用環境を整える初期設定作業を行います。

その後、従業員が実際に保守、廃棄まで一貫して対応することによって、利活用・運用管理をトータルでサポートします。

LCMサービスが注目される背景

LCMサービスが注目される背景として、次の3点が挙げられます。

1.高まるモバイルデバイスの需要

働き方改革やコロナ禍によるリモートワークの浸透や、社内外の人員が少人数のチームを組んで業務を行うようになった流れを受け、モバイルデバイスの需要が高まっています。いつでもどこでも持ち運んで業務を行えるモバイルデバイスは、台数が多くなればなるほど導入・管理が煩雑になり、一括管理の必要性が増します。LCMサービスは、その大きなサポートになります。

2.人手不足・アウトソーシング需要

少子高齢化による人手不足があらゆる業界で深刻になる中で、アウトソーシングの需要も高まっています。アウトソーシングもただ任せるのではなく、効率よくコストパフォーマンスの高いサービスを利用する方向性となっている中、総合的にPCやモバイルデバイスの管理を任せられるLCMサービスは最適といえます。

3.高いセキュリティの必要性

PCやモバイルデバイスはネットワークや盗難・紛失による情報漏洩のリスクは常につきまといます。モバイルデバイスの台数と利用者が増えれば増えるほど、より強固で高いセキュリティが必要になってきます。そうしたセキュリティの専門知識を備えたLCMサービスの専門業者に委託することは、自社のセキュリティ基準を満たしやすくなるでしょう。

LCMとMDMの違い

モバイルデバイスを管理するというと、MDMを真っ先に思いつく方も多いのではないでしょうか。しかし、LCMとは異なります。どの点で異なるのかを確認していきましょう。

MDMとは?

MDMとは「Mobile Device Management」の略称で、「モバイルデバイス管理」と訳されます。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを、社内で従業員に支給する際に、統合管理するためのシステムを指します。

導入しているすべてのモバイルデバイスのスペックやアプリ、セキュリティの状況などの情報を一元管理し、紛失・盗難時の遠隔ロックやデータ消去、位置情報の把握、機能の利用制限、Webサイトの閲覧制限などセキュリティ機能を備えています。モバイルデバイスの業務利用を効率化することができます。

LCMとの違い

LCMは、デバイスをライフサイクル全体で管理しますが、そのライフサイクルの中にはMDMで行うことのできる管理を含んでいます。つまり、MDMはLCMのサービスに含まれるのが一般的です。よって、LCMサービスのほうがより包括的な業務を行うことになります。

LCMサービスのメリット

LCMサービスを利用するメリットをご紹介します。

社内にIT人材が不要・人手不足への対応

何百台、何千台にも及ぶPCやモバイルデバイスを管理するに当たっては、セキュリティに関する専門知識などが必要であることから、社内にIT人材を備える必要があります。人手不足の最中、なかなかむずかしいこともあるでしょう。LCMサービスにて管理をアウトソーシングすることで、人材不足の課題を解決できます。

コア業務への集中

アウトソーシングを利用することにより、デバイスの管理業務がなくなるため、その分、コア業務へ集中できます。すると生産性向上が期待できます。人手不足の課題も軽減されるでしょう。

デバイスにまつわるコスト削減

LCMサービスを利用すれば、デバイスの購入から廃棄まで、専門的な知識を用いてコストを最適化された形で運用されます。そのため、自社で対応するのと比べて結果的にコスト削減ができる可能性があります。

セキュリティの強化

LCMサービスでは、専門的な知識やスキルを持った人が、MDMなどを用いてデバイスのセキュリティ管理も徹底して行います。また、廃棄の際には内部データの完全な消去が求められますが、LCMサービスであれば、確実にデータを完全削除する対応がされます。その結果、情報漏洩リスクに対応することができるでしょう。

最適なデバイスによる業務効率化

LCMサービスによって業務にとって最適かつ、最新技術を搭載したデバイスが選定されます。その結果、自社の業務も効率化し、最高のパフォーマンスにつながります。

MXモバイリングのLCMサービス

実際に、LCMサービスではどのようなサービスが提供されるのでしょうか。MXモバイリングによるLCMサービス「キッティング/導入・運用支援(LCM)サービス」を例に挙げてご紹介します。

本サービスでは、導入支援と運用支援の2つの支援を軸に、各サービスを提供しています。

導入支援

  • 運用設計
    セキュリティポリシーや運用ポリシーの策定、運用手順の設計など、デバイスの運用設計を行います。
  • MDM・クラウドサービスの導入
    MDMや業務に利用するクラウドサービスを導入するために、仕様提案やサービス選定、構築などを行います。
  • 調達・キッティング
    必要なデバイスの調達から準備、キッティングとしてセットアップ、アプリのインストール、動作検証の実施などを行います。
  • 配送
    お客様のご指定先へデバイスを配送します。

運用支援

  • サポートデスク
    運用中に盗難・紛失が発生した際などは、サポートデスクが対応します。
  • 問い合わせ対応
    デバイスの操作方法など、不明点に関して従業員の方から問い合わせがあった際には、対応を行います。
  • 請求管理・支払代行
    デバイスやサービスの利用代金についての請求管理や支払代行を行います。
  • 保守
    デバイスの代替機が必要になった際の発送や回収、機種変更対応などを行います。
  • 修理
    修理の必要があるデバイスについては、修理手配などを行います。
  • 廃棄
    廃棄の際にはデータを完全消去するなどの対応を行い、適切に廃棄します。
  • 買取
    不要となったデバイスや周辺機器などの買取を手配します。

まとめ

LCMサービスは、企業のデバイス管理をライフサイクル全体で実現することから、企業にとって業務負担を削減するだけでなく、最適なデバイスを常に利用できることから、業務効率化、生産性向上につながる有益なサービスです。

MXモバイリングの「キッティング/導入・運用支援(LCM)サービス」は、モバイルデバイスなどの導入を企画・運用設計からキッティング、保守、廃棄まで一貫して対応することによって、利活用・運用管理をトータルでサポート可能です。

プロフェッショナルな運用管理によって高い品質のサービスをご提供しており、トータルサポートにより、業務の省力化とコスト削減の実現につなげていただけます。

LCMサービスをご検討の際には、お気軽にご相談ください。

関連サービス

関連資料ダウンロード

PAGE TOP

無料トライアル・お問い合わせ

無料トライアルへのお申し込み・導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合せください。