スマートデバイスは「所有」から「利用」の時代へ~「Device as a Service」という考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革の普及により多様な働き方が生まれ、生産性向上がより一層叫ばれる中、企業は業務に欠かせないパソコンやタブレットなどのスマートデバイスを、より多く、柔軟に管理する必要性が出てきています。そうした背景を踏まえ、スマートデバイスは「所有」から「利用」の時代へと変化しています。今回は、その変化を象徴する「Device as a Service」という考え方を解説します。

1.企業がスマートデバイスを導入する際の3つのパターン

企業がスマートデバイスを導入する際には、主に次の3つのパターンがあります。

1.購入
スマートデバイスを直接、自社で購入する方法です。初期導入費が大きいものの、月額費用は不要になります。また購入する機種に制限はなく、最新の機種も選ぶことができます。ただし、一度購入したらすぐに買い直すことは難しいです。会計における計上方法は「オンバランス(売買処理)」です。

2.リース
リースとは、自社が選ぶ希望のスマートデバイスを、リース会社が代わりに購入し、一般的に長期間にわたって賃貸する契約を結ぶ方法です。スマートデバイスの所有権はリース会社にあります。原則、中途解約はできません。費用はリース期間に毎月発生します。初期費用を大幅に抑えられることや、利用機器をある程度自由に選定できることがメリットです。会計における計上方法は「オンバランス(売買処理)」か「オフバランス(賃貸借処理)」です。

3.レンタル
レンタル会社が所有するスマートデバイスの中から使用したい機種を選び、一定期間に渡って賃貸する方法です。費用はレンタル期間に毎月定額を支払うのが一般的で、初期費用を大幅に抑えることができるほか、契約期間は自由に設定できること、中途解約や延長が容易なことなどがメリットです。一方、機器はレンタル会社が所有しているデバイスに限定されるため、最新機種など業務に適した機器を自由に選ぶことはできません。会計における計上方法は「オフバランス(賃貸借)」のため、会計上の処理は経費計上となります。

2.今、広がる「Device as a Service」という考え方

スマートデバイスを購入して自社で「所有」するのではなく、リースやレンタルなど、各種サービスによって「利用」する時代になりつつあります。そのことを象徴する言葉が「Device as a Service」です。略して「Daas(ダース)」と呼ばれます。

Device as a Serviceとは、パソコンやタブレットなどのなどのデバイスの調達から廃棄までのライフサイクル管理を、月額課金形式のサービスとして提供するものです。業務に必要なスマートデバイスのソフトやサポートも併せて効率的に導入できるため、スマートデバイスを購入して「所有」するのではなく、サービスとして「利用」するというコンセプトを持ちます。

●スマートデバイスのライフサイクル
導入の計画・設計

調達

設定

展開

最適化

保守

廃棄

DaaSは、企業が抱える調達から廃棄までのパソコン等のデバイス運用管理における課題を解決する有効な手段として、期待が高まっています。DaaSが広まってきている背景として、次の2点が考えられます。

1.生産性向上のため、最新機種を「利用」する時代の流れにマッチ
働き方改革により、従業員の生産性向上が求められています。各人が複数台のデバイスを扱うケースも珍しくなく、企業が管理する総デバイス数は増加しました。そのような中、例えばスマートデバイスの機能性は業務の生産性に直接影響を及ぼすため、より一層、性能・機能面に気を配る必要が出てきています。さらに、一昔前よりスマートデバイスの性能向上のスピードが速まってきており、導入時点で早々に、リプレースについても念頭に置く必要性が出てきました。これらのことから、スマートデバイスは「所有」して長く使うよりも、リースやレンタルで最新機種を「利用」するほうが、時代にマッチしているといえます。

2.アウトソース化が進む中、キッティングから廃棄業務まで対応可能なDaaSが時代にマッチ
生産性向上のための業務効率化施策の一環として、アウトソース可能な業務は外注する、ということが通例になってきました。そのため、スマートデバイスのキッティングから廃棄業務までをアウトソースするという考え方についても、時代の流れにマッチしているという背景もあります。

まとめ

スマートデバイスは今、「所有」して長く使うより、リースやレンタルで最新機種を「利用」するほうがマッチする時代にきています。

MXモバイリングでは、スマートデバイスの導入から運用まで一貫してサポートする「LCMサービス」や、コストを抑えてリース可能な「残価設定リース」のサービスをご提供しています。

「LCMサービス」はアウトソースが主流の時代にマッチし、残価設定リースは、使用期間に見合った価値分のリース料のみを支払えばよいことからコストメリットが見込める、時代に合った企業のパソコン「利用」の方法です。ご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

おすすめの記事

課題別ソリューション

PAGE TOP

無料トライアル・お問い合わせ

無料トライアルへのお申し込み・導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合せください。