スマホの内線化はクラウドPBX活用で簡単に!多様な働き方への対応、業務効率化などメリット多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレワークが進んだことにより、社外から電話があったときに取り次ぎの面で不都合が生じています。しかし重要な電話になればなるほど、スムーズな対応が肝心となり、社員のスマートフォンに内線のように取り次ぐなどの対策を検討する必要があります。
そこで今回は、スマホを内線化する方法とそのメリットについてご紹介します。

テレワークが引き起こしている社外からの着電課題

テレワークが進む中、社内の固定電話にお客様からの着信があった場合、内線のある社内であれば、すぐに担当者に電話を取り次ぐことが可能です。

しかし担当者が在宅勤務中の場合はそうもいきません。「大変申し訳ございません。担当者はただいま在宅勤務中でして、後ほど担当者より折り返しさせていただきます」などと伝え、担当者に業務用のスマートフォンからお客様にかけなおすよう伝えるというケースが増えています。

しかし、それにより業務用電話の番号が外部に対して広く知れ渡ってしまうリスクがあるほか、お客様をお待たせすることになるなど、スムーズな対応ができないことで顧客満足度が下がったり、機会の損失が生じたり、業務が滞るなどの課題が生じてしまったりします。

テレワークが引き起こしている社外からの着電課題

スマホの内線化を実現する「クラウドPBX」とは

そのような課題を解決する方法が、スマホの内線化です。これにより、社員が持つスマートフォンに社内の内線機能を持たせることができるため、電話をスムーズに取り次いだり、スマートフォンから会社の固定電話の番号でかけ直したりすることができるようになります。

このスマホの内線化に有効なのが「クラウドPBX」です。PBXとは、内線、外線、転送機能を利用できるようにする装置のことで、それをクラウド上に構築するのがクラウドPBXです。

クラウドPBXはインターネット環境さえあれば導入できるため、それを用いてスマホを内線化することで、社員がどこにいてもオフィスにいるのと変わらない電話対応を行うことが可能となります。

クラウドPBXのメリット

クラウドPBXを利用してスマホの内線化を行うことで、さまざまなメリットが生まれます。

1.コロナ対策
スマホを内線化することで、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のために、3密を防ぐ意味での社員のテレワーク化をより効率的に実現します。

2.働き方改革
スムーズな電話取次、情報伝達により、業務効率化が実現します。これにより社員の満足度向上、生産性の向上など、現代の働く人々のニーズに合った働き方改革につながります。

クラウドPBXのメリット

3.顧客満足度向上
顧客からの電話をスムーズに取り次ぐことができるため、顧客満足度の向上につながることが期待できます。

4.災害対策
スマホ内線化は、災害時の連絡手段や連絡網の準備となるため、昨今増えている大型台風や地震などの自然災害に対するBCP対策にもなり得ます。

5.コスト削減
クラウドPBXは通常、内線通話の際には通話料金が無料であるため、通信料のコスト削減につながります。

6.レイアウト変更などの際に工事が不要
従来の物理的に構築していた社内電話は、オフィスレイアウト変更などが生じるたびに移動や工事が必要でした。しかしクラウドPBXであれば、物理的な移動の手間や工数、工事費用などがすべて不要になります。


スマホの内線化はクラウドPBX活用で簡単に!多様な働き方への対応、業務効率化などメリット多数

まとめ

今後は、テレワークとともに出社も並行して行う勤務体制がしばらく続くと考えられています。そのような状況下において、クラウドPBXによるスマホ内線化は業務効率化や顧客満足度向上など、企業の事業に対する大きなメリットにつながります。

MXモバイリングでは、スマホ内線化サービス「iスマートBiz」をご提供しております。詳しくはサービス紹介ページをご確認いただくか、お気軽にお問い合わせください。

関連サービス

おすすめのサービス

関連資料ダウンロード

PAGE TOP

無料トライアル・お問い合わせ

無料トライアルへのお申し込み・導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合せください。