コロナ禍を受け変革を迫られる店頭プロモーション。デジタルサイネージによるコミュニケーションの重要性とメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍を受け、消費者の行動が大きく変化する中、店頭での消費者とのコミュニケーションも変革が求められています。しかし、変革に際しては様々な課題があるでしょう。

そこで今回は、店頭プロモーションのデジタル化のひとつとして店頭でのデジタルサイネージによる消費者とのコミュニケーションの重要性やメリット、導入する際のポイントについて解説します。

コロナ禍により店頭プロモーションで提供すべき情報が変化

2020年は、コロナ禍の影響もあり、デジタルシフトがあらゆる分野で一斉に進んだ中、人々のコミュニケーションの方法も大きく変わりました。

例えば、消費者たちは買い物や外食などを行う際、「必要な範囲の中で、慎重に短時間で行動を行う」、「極力、人との接触を避ける」、「購買行動が最低限のものに絞られるようになった」など、行動面で大きな変化がみられるようになりました。

このような消費者の行動変化を受け、店舗側は店頭でのプロモーションについて変化が迫られています。ただ商品の魅力を伝えるだけでなく、安全・安心に消費者が店舗を利用できるよう、伝えるべき情報を変える必要が出てきています。

例えば、消費者は店舗で買い物する際、感染リスクを気にして、短時間で慎重かつ効率的に行いたいと思っています。店舗側は従来と同じような情報発信の仕方ではニーズを満たさないことから、「消費者にとって必要かつ購買促進につながる有益な情報をスピーディーに発信する」など、発信すべき情報を吟味する必要があるということです。

デジタルサイネージによるコミュニケーションの可能性

情報の中身だけでなく、情報の管理や発信のスピード感にも変化が求められています。

例えば、コロナ禍によって起きる営業時間の変更や、3密を回避するための店内混雑状況については、スピーディーに、正確に伝える必要があります。しかし、従来のように都度、張り紙などで対応するのは、感染リスクや現場スタッフの工数を考えると、現実的ではなく限界があります。

常に起きる情報の変化に対して、迅速に店頭で対応するためには、店頭プロモーションのデジタル化が必須となります。

その中でも、感染症対策とスピーディーな情報発信、また、本来の店頭プロモーションで重要となる"魅力的な情報発信"を実現するのが「デジタルサイネージ」です。

デジタルサイネージを活用すれば、これまで口頭で案内していた「セールの時間帯」も、言葉を発することなく安全に伝達することができます。

また、従来の「人による店頭プロモーション」はコロナ禍で中止を余儀なくされましたが、その代わりとして、デジタルサイネージ上で動画などのコンテンツを活用したプロモーションを行うことで、人と接することなく、よりわかりやすく情報を発信することも可能となります。

このように、デジタルサイネージを導入することで、新たなコミュニケーションを可能にし、安全性を保ちながら様々な用途で活用でき、従業員の負担の軽減にもつながります。

デジタルサイネージの運用は簡単に実施可能

デジタルサイネージを店舗に導入しようとした際、一つのハードルとなるのが「運用のむずかしさ」です。

特に、デジタル専任担当がいないことの多い店舗ビジネスでは、デジタルサイネージへのコンテンツ設定などの操作をむずかしく感じることも多々あります。また、かつてはコンテンツの配信を行う際、作成したコンテンツを外部メモリに移して、そこからデジタルサイネージに読み込ませるなどの手間がかかることが多くありました。

MXモバイリングが提供するクラウド型デジタルサイネージ「Chat!サイネージ」なら、簡単にデジタルサイネージの運用ができます。

●「Chat!サイネージ」とは

「Chat!サイネージ」は、チャットボットと対話することで、むずかしい操作や専門知識を使わずに、簡単にコンテンツを配信することができる特徴があります。

さらに、クラウド型デジタルサイネージのため、インターネット環境があれば日本全国どこからでも、複数箇所へコンテンツ配信が可能です。紙の掲示物のように、現場で作業する必要がないため、安全性を保ちながら、従業員の負担を軽減できます。

「Chat!サイネージ」はデジタルサイネージの運用を簡単にし、店頭プロモーションのデジタル化におすすめです。

まとめ

コロナ禍により、消費者行動が変化している中、店頭プロモーションのデジタル化は急務といえます。効率的かつ効果的な情報発信を実施するためにも、クラウド型で簡単なデジタルサイネージを導入することがポイントといえます。

おすすめの記事

課題別ソリューション

PAGE TOP

無料トライアル・お問い合わせ

無料トライアルへのお申し込み・導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合せください。