Office365

使い慣れたMicrosoft製品を
そのままクラウド化

組織の情報共有をより簡単・便利に。
Officeを使える情報共有環境を、驚きのコストで実現。

Office365

使い慣れたMicrosoft製品を
そのままクラウド化

組織の情報共有をより簡単・便利に。
Officeを使える情報共有環境を、驚きのコストで実現。

よくある質問

QOffice 365 とは何でしょうか? Office2016 とは違うのでしょうか?

マイクロソフトから提供される商用のSaaS(Software as a Service)型クラウドサービスで、Officeのデスクトップアプリケーション版およびウェブアプリケーション版、Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Businessなどで構成されるサブスクリプション型サービスのことをOffice365と言います。
Office365とOffice2016の違いはサブスクリプション型と永続ライセンス型になりライセンス形態に大きな違いがあります。
Office365は常に最新のOfficeアプリケーションの使用が可能になりますが、Office2016はパッケージ版になり、アプリケーションのアップグレードできないものとなっております。

Q現在、使っているOfficeと併用することは可能でしょうか。

Office365版のOfficeと現在ご利用中のOfficeは併用する事ができません。Office365で提供されるOfficeは常に最新版となりますので、この機会にOffice365をご検討ください。

Qサポートされるユーザー数は何人まで可能でしょうか?

Office365Business、Office365BusinessEssentials、Office365BusinessPremiumは300名(ID)まで、その他プランは無制限となります。

Q最少購入数の条件は?

1ID~ご購入頂けます。

Q既にドメイン名を持っている場合はどうなるのでしょうか?

現在ご利用中のドメインをそのまま利用する事が可能です。

QOffice 365のシステム要件はどのようになっているのでしょうか?

1.オペレーションシステム要件 ■クライアントOS ・Windows10、Windows8/8.1、Windows7 SP1以上

2.Officeクライアント要件 ・メインストリームサポートフェーズのOffice ※レガシーバージョンは機能制限あり

3.Webブラウザー要件 ・Microsoft Edge ※最新バージョンをサポート ・Internet Explorer IE11 ・Safari/Chrome/Firfox ※最新バージョンをサポート

Qオンラインだけでも使用できるでしょうか?

ほとんどのサービスがオンラインのみで使用可能となります。 ※OfficeOnlineはOfficeクライアントアプリケーションとは機能差分が多数ありますのでご注意ください。

Qスマホ・タブレット用のOffice Mobileアプリを使用するには、Office 365の契約が必要でしょうか?

商用利用の場合はOffice365の契約が必要となります。

Q社外からアクセス制限することは可能でしょうか?

システム管理者様にてご設定頂く事で可能です。

Qサービス提供後のお問い合わせ窓口はどこになるでしょうか?

MXモバイリング株式会社となります。

MXモバイリングの
法人向けソリューションとは

携帯電話販売代理店として、モバイル端末・回線の導入、通信費管理、企業内システムとの連携、セキュリティ対策などモバイル端末のライフサイクル全てに関わるご提案を行ってきました。
モバイルテクノロジの進化は、新しい働き方をもたらし、競争のルールをも書き換える大きな力となっています。
MXモバイリングは、ICTの先進的なテクノロジをいち早く取り入れ、新たな価値を創造するソリューションを法人等のお客さまにご提案することで、心豊かな未来の実現を目指します。

サービス一覧

PAGE TOP

無料トライアル・お問い合わせ

無料トライアルへのお申し込み・導入に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合せください。